939.名前:ゲームな名無し 投稿日:2018/07/11(水) 15:30:54.30 ID:vZ2N7BVXa.net
6. 刀身を右手に持ち、上質のテッシュペーパーで刀身を拭い古い油を取り去ります。
更に打粉を刀身の表裏及び棟に3センチ程の間隔で静かに打ち、テッシュペーパーで打ち粉で打った白い粉を拭い去ります。
何度か繰り返して下さい。

7. 完全に拭い去りますと刃紋と地鉄がはっきりと見えてきます。
刀身を袱紗(ふくさ)で支え、裸電球に向けてはばき元から切っ先に向けてかざし、刃文を鑑賞致します。
更に刀身を手前に持ち仔細に地鉄を鑑賞致します。
特に地鉄がどんな状態なのか、働きがあるのか、映りがあるのか、そして刃中の働きと言われる金線,砂流,足,葉などの働きを充分鑑賞して下さい。

8. 鑑賞が終了致しましたら刀身に油を塗ります。
化粧用コットンなどに油を染み込ませ刀身に慎重に塗ります。
一般的に油を多く付けるきらいがありますので、油を付けた刀身を再度上質のテッシュペーパーで軽く拭い去ります。

9. 刀身にはばきを入れ切羽,鐔,切羽の順序で茎に装着し、柄の茎を静かに入れて刀を垂直に立てます。
反対の手を広げ柄の底の部分を軽く叩きますと、完全に刀身は茎に収まります。

10. 目釘を入れ、柄を持って鞘の鯉口の部分に刀身の切っ先(帽子)の部分を入れ、静かに挿入します
(気持ちとしては鞘を手前に持ってくる様な感覚で臨んで下さい)。

11. 完全に挿入致しましたら刀を両手で持ち一礼します。

946.名前:ゲームな名無し 投稿日:2018/07/11(水) 15:59:24.79 ID:AU8pdbL9r.net
ごごちゃんを綺麗にして丹念に視姦した後、元気になる塗り薬だよって言いながら油でベトベトにしたい
その後、「ふええ…ベトベトしますぅ」って困ってるごこちゃんをごめんごめんって言いながら拭いてあげて、うっかり挿入したい

参照元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/applism/1530969046/